近年、温室効果ガスの影響によって地球の温暖化が進んでいます。
その結果、南極などの氷が溶け出して海面が上昇したり、熱帯雨林が消滅するなど、環境破壊が問題となっています。
そこで、地球温暖化の原因である温室効果ガスの削減が世界的に求められています。
日本でも国や自治体などにより、温室効果ガス削減効果のある太陽光発電の導入が積極的に進められており、その設置に際しての補助金制度なども設けられつつあります。

ただ、東京都江戸川区では、そのようなシステム設置に対して直接の補助金は支払われません。
そこで、江戸川区内で太陽光発電システムを導入する人は、国の用意した補助金制度や東京都の補助金制度を利用することになります。
これらの制度は併用が可能となっており、太陽光発電システム設置時に必要となる費用負担が多少ですが少なくなります。
江戸川区内でも、これらの補助金制度を利用して太陽光発電システムを設置する家庭が増えつつあります。
太陽光発電システムの家庭での利用は、節電にも役立つため、さらなる普及が求められています。