太陽光発電なのですが、停電時に電力を使用していけるということが言われているのです。
その停電時に使用していける電力なのですが、発電した分すべてが利用できるわけではありません。
太陽光発電システムによりましては、2000wや3000wなど昼間であれば発電していることは珍しい事ではありません。
しかし、停電時にはそのすべてを使っていけるというわけではないのです。
その中で一部しか使えないようになっているのです。
太陽光の発電システムはそういったものであると中野区の方も知っておく必要があります。
ではどれほど停電時に電力を自分の家で使っていくことができるのか、という部分なのですが1500wに限定をされるのです。
1500wですので、家にあるすべての電化製品は使えないと思ってください。
一部のものしか使用できないようなものになっているのです。
また、使う電力が1500wを超えてしまった時は、どうなるのかも確認をしておくと良いでしょう。
何か太陽光発電が不具合を起こしてしまうのではないか、と考えている方もいるかもしれません。
しかし、さすがにそういったわけではありませんので、安心してみていきましょう。
では、停電時に電力使用量が1500wを超えてしまった場合ですが、使用している機器よりも発電量が少ないときは運転を停止するという内容になっています。
運転を停止するだけですので、特に何か不具合が出るわけではありませんので安心をしましょう。