東京を太陽光発電のふるさとに。
そう思っているのは、私だけではないかもしれません。
何といっても、東京は電力の一大消費地。
地産地消”ではありませんが、東京で使う電気は東京で発電するというのが、一番効率的だと思います。
特に太陽光発電は、これからの時代にふさわしいクリーンなエネルギーとして注目されていますからね。
例えば、東京にあるビルの屋上や、一般家庭の屋根の上に太陽光発電設備を設置すれば、ものすごい量の電力がつくれるんじゃないのかな、と思います。
まぁ、現実的には難しいのかもしれませんけど、夢はありますよねぇ。
東京が太陽光発電の先進地になれば、世界的にも大きな話題を集められるはずです。
他の国の大都市にとっても、お手本になるわけですからね。
より快適な環境を次代へバトンタッチしていく意味でも、自然エネルギーの有効活用は、私たち現代人に課せられたミッションのひとつといっても決して過言ではないと思います。
最近は「ロハス」なんていう言葉が注目を集めているようですが、健康で持続可能な暮らしを実現するうえで、太陽光発電は欠かすことのできない存在ではないでしょうか。
何しろ太陽光は、無尽蔵といってもいいほど、地上に降り注いでいますからね。
それをうまく使わない手はないと思います。
助成金を活用できる可能性もありますからね。
まずは、あれこれリサーチしてみる価値はあるんじゃないかな。
興味のあるみなさんは、ぜひ自分なりに調べてみましょう。