太陽光発電って、言葉自体は身近にあるけれど、我が家に設置するには敷居が高い・・・と思っていませんか?
確かに、冷暖房の温度設定は身近で簡単にできるエコだけど、太陽光発電は最初にお金もかかりそうだし、工事も大がかりそうだし、とためらいを感じる方も少なくないも知れません。
そこで、今回は失敗しない太陽光発電のアレコレについて、簡単にご紹介したいと思います。
1)太陽光発電とは?
太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを電気に変えるシステムのことを言います。
太陽の光がさんさんと降り注いでいる間=発電している間は、その電気を使用することができます。
もちろん、その間の発電量が使用電量を上回る場合は、電力会社に対する電気使用料は発生しません。
その上、太陽光発電で余った電力は、電気会社に販売することができるのです。
2)太陽光発電を設置する際の補助金制度について
太陽光発電を、皆さんのご自宅で設置するにあたり、国・地方自治体からの補助金が受けられます。
自治体や発電容量によって受けられる補助金が異なりますので、太陽光発電メーカーのホームページなどから、補助金の額を試算してみると良いでしょう。
3)太陽光発電を導入するまでの流れについて
まずは、皆さんが太陽光発電の設置を検討するところから始まります。
検討に当たっては、信頼できる施工業者を選定するために、必ず複数の業者から見積もりをとりましょう。
複数の会社の見積もりを比較することで、信頼できる施工業者を見つけることができます。
また、分からないことは遠慮せずに直接施工業者に聞いてみることをお勧めします。
太陽光発電は、屋根の形状や強度によって、工事内容や見積もりが大きく変わりますので、あらかじめ見積書を作成するための現地調査が行われます。
どの程度の発電量が見込めそうなのか?太陽光発電を行うメリットが我が家にあるのか?見積もりを確認しながら、ご自宅の状況を確認しましょう。
もし、ご自宅の立地などの関係で、工事の負担ばかりがかさみ、太陽光発電のメリットが見込めない場合は、導入を見送る、という勇気ある撤退も大切なことなのです。
さて、導入を決めて施工業者が決定すれば、あとは工事を残すのみです。
工事は、思いのほか短く2日程度で終わることが一般的です。
屋根の上に太陽光パネルを設置するだけではなく、周辺機器の設置も工事に含まれています。
工事完了後は、周辺機器の動作確認などを行い、さあ!太陽光発電生活の始まりです!
一般社団法人太陽光発電協会の発表によると 、国内の住宅用太陽光発電システムの設置件数が、2012年4月末までに100万件を超えました。
我が家には縁がない、と思っていた方も、これを機に一度検討してみてはいかがでしょうか。