現在、太陽光発電は非常に注目を浴びています。
そのきっかけはやはり、2011年に発生した東日本大震災でしょう。
福島の原子力発電所が大きなダメージを受け首都圏は深刻な電力不足に陥り、一時は計画停電が行われるまでの事態になりました。
そこで多くの人は自宅で電力を作ることのできる太陽光発電に注目をしたわけです。
また、温暖化が懸念されている現代社会において、二酸化炭素など温室効果ガスを一切排出しない太陽光発電は環境にやさしいクリーンエネルギーという側面からも人気となっています。
さらに、太陽光発電は化石燃料を使わないというメリットもあります。
石油や石炭は海外からの輸入にほぼすべてを頼っている状況ですし、いずれは資源の枯渇も訪れます。
太陽光エネルギーから電力をつくる太陽光発電システムではこういった資源問題の不安もありませんから、安心して利用することができます。
このような理由から太陽光発電システムを自宅に導入したいと考えている人も多いと思いますが、導入の際に一番のネックとなるのがコストの問題ではないかと思います。
現在、太陽光発電システムの平均的な導入コストは200万円前後と言われており、かなり高額となっています。
太陽光発電によって発電した電力は電力会社に買い取ってもらうことができるので、長期的に見れば導入コストを回収することができますが、初期費用を用意することは難しい場合も多いかと思います。
そんな時にぜひ活用したいのが補助金です。
太陽光発電システムの導入費用については、国・都道府県・区市町村からトリプルで補助金を受け取ることができます(お住いの地域によっては受け取る事のできない場合もあります)。
補助金を活用することで初期コストを抑えてお得に太陽光発電システムを設置することができます。
たとえば、福岡の北九州市にお住まいの方はどのくらいの補助金をもらうことができるのでしょうか。
平均的な4kWタイプのシステムを設置した場合、国からは12万円または14万円の補助金が支給されます。
福岡県は現在補助金を支給していないので県からの補助金はゼロです。
北九州市空の補助金は6万円となるので、合計で20万円近い補助金を受け取ることが出来る計算となり、かなりお得となるのが分かると思います。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>